読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FLYING

〈全日本・紀文豆乳飲料シリーズ「麦芽コーヒー」の500ミリリットルパックを扱う小売店が少ないことに遺憾の意を表明する会〉活動記録

μ's Go→Go! LoveLive! 2015 〜Dream Sensation!〜

はじめに

オタクというのは基本的に地上から地下へと潜っていく生き物だと思う。わたしが去年の2月に初めて4thライブに参加し,5月に徳島へ行き,気づけばイベンターと化した……というストーリーについてはAdvent Calendar参加記事で述べたとおりだけれど,その過程でも興味の対象はだんだんμ's全体から声優個人へと移っていくなど,より競争率の少ない市場へと主戦場を移していく傾向にあった。わたしが去年,様々なイベントに一緒に行った友達は,いつのまにやらディアステに出入りするようになり,Luce Twinkle Winkなどの地下現場へと徐々にその戦場を移しつつあった。ラブライブ!というコンテンツはまさに“大きくなりすぎた True emotion”で,我々が何万人ものジャラジャララブライバーとイベントチケットを奪い合う構図は長くは続かなかった。

そう,長くは続かなかった。そう思われた。5thライブ当日を迎えるまでは。

5thライブがどういうものだったか,端的に述べるならば,それは光だった。SSAという地上も地上の,これ以上ないであろう晴れ舞台から,アキバ☆ソフマップのイベントスペースや,TwinBoxや,渋谷マルイ屋上の仮設ステージにまで届こうとする極めて強い光だ。それは,少なくとも地下へと他界しつつあった1人のオタク(注:前述のディアステオタクを指している)を地上に引き戻した。光も,夢もたぶんそこにあった。

わたしはライブ当日まで,自身がいまラブライブ!というコンテンツにどれほどの愛着を持っているのか,やや不安に思っていた。5thライブのチケットを入手するために奔走したのは去年の夏頃のハナシであるし,当時の熱量からすると,現在残っている気持ちは,SSA現地でライブに参加するという機会の貴重さには見合わないのではないか,とさえ思われた。

結論から言えば,それは杞憂にすぎなかった。5thライブは,それまでラブライブ!に対して投下した感情の量が大きければ大きいほど,それが何倍にもなって返ってくるイベントだった。終演後,わたしは自身がこんなにもこのコンテンツを好きだったのか,ということにとても驚いたし,そうやって好きでいられることが,キャストとほんの少しでもこの気持ちを共有できることが純粋に嬉しかった。

コンテンツにはコンテキストがある。ラブライブ!なら,2010年の「僕らのLIVE 君とのLIFE」発売からの約5年間のコンテキストが存在する。わたしがそのコンテキストに参加するようになったのは2013年夏頃からのことにすぎないから,キャストやスタッフがこれまで経験してきた苦しみや嬉しさのほとんどをわたしは知らない。しかしながら,その過程にあった苦しみの数々を想像することはできる。だから,あのライブを経験してまず申し上げたいことは“感謝”だった。5年間のコンテキストがあるということ,いまのこの舞台があるということ,そこにいま自分が参加できるということ,そしてこれからも続いていくということ。

セットリスト抜粋

少しだけ,個別のセットリストのハナシをする。

夏色えがおで1,2,Jump!

ひとつのライブでスノハレと夏色が聞けるのって最高。大サビに入るまでの間奏部分がとにかく最高。

ユメノトビラ

アニメで見たときは「何この衣装……A-RISEの方が勝つやん……」と思ったんだけど,PVを見ると不思議とめっちゃいいし,3次元化されてなおさらよかった。

Shangri-La Shower

倉内達矢さん!スクパラは不遇だったけど主題歌はCWも含めて最高。UOは倉内さんに捧げると決めていたし実際にそうなった。「You wanna stooooory!!」のあたりとか好き。大サビのブレイクも。

Dancing stars on me!

今回のライブのMost Valuable衣装はこれ。くっすんとそらまるの衣装が最高。サビで(゚Д゚ノノ"パパン!!するためにキンブレを放り投げる曲。

COLORFUL VOICE

カラーチェンジが難しかった。

小夜啼鳥恋詩

今回のライブのMost Valuable演出はこれ。

Trouble Busters

『「Ah〜〜!We are Busters!!」とかもう厄介コールだよね』という知り合いのひとことが忘れられない。楽しい。

ずるいよMagnetic today

にこまき。ズルい。

くるりんMIRACLE

「もう一度くるくるりん!」の後に\りっぴー!/とコールを入れてみたら案外楽しかった。

もしもからきっと

SSAのステージでくっすんがバレリーナ風にくるくると踊る姿に持って行かれた。プレシャス。

好きですが好きですか?

脳が溶けた。

そして最後のページには

コンテキストとBメロが畳み掛けてくる。

Wonderful Rush!

サビで振りコピするの楽しかった。ナンバリングシングルでいちばん好きな曲。

No brand girls

曲紹介のMCで4拍キックが入ってきてから曲が始まるまでの高まりが好き。

KiRa-KiRa Sensation!

5thライブのために書かれたとしか思えない曲。もう高まるというか,溢れる。みんなで叶える物語。

僕らは今のなかで

あの衣装がラブライブ!の中でもいちばん好きということもあり,2日目のアンコール演出でぶるぶる震えた。今回のライブで最も2次元と3次元の統合を感じた瞬間。

SENTIMENTAL StepS

もう何も語れない。

Happy Maker!

SENTIMENTAL StepSから救ってくれた曲。2日目はじょるくすがあのポーズをしていたらしいし,BDで必ずチェックしたい。

Dreamin’ Go! Go!!

「ライブテーマ曲は歌われない」という固定概念を打ち破り不真面目な予習不足マンを殺した曲。畳み掛けるサビが好き。エンパレが聞けるのはいつ頃になるの……?

おわりに

1年間色々なイベントに行き知り合いが増えたこともあり,イベント後の打ち上げではくっすん推しとお祝いしたりケーキを食べたりすることができ,大変よかった。他のオタクの感想を聞くと「えっ何それ見てないし」と言いたくなるようなライブ中のキャストのハナシがどんどん出てくるのでやはりBDは9枚組で出す必要があるのではないだろうか。

去年のみもりんライブツアーのときなどは,もうこれ以上のイベントには出会えないんじゃないか?と思わされるほどの充実感があったのだけど,幸いそれは杞憂だったようで,5thライブ打ち上げからの帰り道もずっと気持ちがフワフワしたままだったのを覚えている。

またこんな気持ちにさせてくれるイベントと出会えますように。わたしからは以上です。