読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FLYING

〈全日本・紀文豆乳飲料シリーズ「麦芽コーヒー」の500ミリリットルパックを扱う小売店が少ないことに遺憾の意を表明する会〉活動記録

吉野家コピペと同様に個人の日記サイトが発祥だったのですね

memo

原文

僕はパンツが見たいとかあんまし思わないんですが、なんで世の殿方はパンツとかパンチラとかを珍重するのでしょうか。
布じゃん。
わかんない。田代とかもわかんない。得るものが少ないと思います。
したがってジャンプに載ってるパンツをメインテーマにしたラブコメというかパンツコメディもよくわかりません。布です。

さらにそもそも女子はなぜパンツの出るような服を着るのですか。あまつさえ学校の制服にしたりするのですか。僕は賛成ですが。
いや賛成なのはパンツが出るからじゃないです。なんとなくいいからです。僕は女子高生の制服とかそういうものは大好きです。

いや問題なのは女子高生の制服ではなくてパンツです。パンツが見えててもかまいませんが、布だと思います。

いやそうではなくて、なぜパンツの出るような服を着るかということです。僕は賛成ですが。

すいません。まちがいました。もういいです。

主張

  • パンツは布である
  • 世の中の男性がパンツやパンチラを珍重するのは何故か
  • 女子はパンツが出るような服を着るのは何故か
  • 制服にしたりするのは何故か
  • パンツの出るような服(=制服)は大好きで賛成だ

まとめ

筆者はパンツが「ただの布」であるという事実を主張しつつも,制服に単なる衣服以上の関心を払う自身の非論理性を自覚してもいる。
このコピペは,そのいわば二律背反とも言える主張と,混乱が垣間見える巧みな表現によって,逆説的にパンツに対する多大な関心を浮き彫りにすることに成功している。