FLYING

〈全日本・紀文豆乳飲料シリーズ「麦芽コーヒー」の500ミリリットルパックを扱う小売店が少ないことに遺憾の意を表明する会〉活動記録

KONTROL S2の設定覚書 in Mac

必要なソフトウェア

  • Traktor
  • Soundflower
  • CamTwist(オプション)
  • LadioCast(オプション)
  • FlashMediaLiveEncoder

音声信号が通る経路

アスキーアート的なものは等幅フォントで見てね。

普通のとき

普通にスタンドアローンで使うとき。

TRAKTOR ─ S2の内蔵I/F ┬ PHONE出力 ─ ヘッドフォン
            └ MASTER出力 ─ スピーカー
Ustするとき

外部スピーカーがあって,Ust配信もしたいとき。

TRAKTOR ─ Soundflower ┬ S2の内蔵I/F ┬ PHONE出力 ─ ヘッドフォン
            └ Ustream   └ MASTER出力 ─ スピーカー
MacBookのスピーカーを使うとき

外部スピーカーがないとき。ヘッドフォンと内蔵スピーカーのズレが大きくて微妙。

TRAKTOR ─ Soundflower ┬ S2の内蔵I/F ─ PHONE出力 ─ ヘッドフォン
            ├ LadioCast ─ MacBookの内蔵I/F ─ MacBookの内蔵スピーカー
            └ Ustream

Traktorの設定

【普通のとき】ならデフォルトのままで動く。
【Ustするとき】【MacBookのスピーカーを使うとき】はAudio Inputの画面でAudio DeviceにSoundflower(16ch)を設定し,Output Rootingの画面でMonitorにSoundflower(16ch)のOut2/3を,MasterにSoundflower(16ch)のOut0/1を設定する。

Soundflowerの設定

【Ustするとき】はSoundflower bedで16ch側のChannel1/2をS2のChannel1/2に,Channel3/4をS2のChannel3/4に送る。
MacBookのスピーカーを使うとき】はSoundflower bedで16ch側のChannel1/2をNoneに,Channel3/4をS2のChannel3/4に送る。

LadioCastの設定

MacBookのスピーカーを使うとき】のみLadioCastが必要。
入力側でSoundflower(16ch)を選び,LadioCastのメイン出力に流す。LadioCastのメイン出力には内蔵出力を選ぶ。

Ust配信の設定

細かい配信設定をするならFlashMediaLiveEncoderが便利。ビットレート等を手動で設定できる。
単にWebCamを使うだけなら,配信対象のVideoデバイスに内蔵WebCamを選べばOK。
スライドショーなどを配信したいようなときはCamTwistを起動して,配信対象のVideoデバイスにCamTwistを選ぶ。
配信対象のAudioデバイスにはSoundflower (16ch)を選ぶ。
FME側にはUstreamの番組設定画面でDLできるRTMPのプロファイルXMLを読み込ませてやる。
ここまでできたら,FMEUstream配信画面でそれぞれ開始ボタンを押せばOK。