FLYING

〈全日本・紀文豆乳飲料シリーズ「麦芽コーヒー」の500ミリリットルパックを扱う小売店が少ないことに遺憾の意を表明する会〉活動記録

「ゆめにっき」に関する妄想

「ゆめにっき」っていうフリーゲームを紹介してみる。

その内容は、一言で言えば「狂気系」と形容されるような、極めて不条理で不可解なもの。「ゆめにっき」の世界にあるのは、人が元来持っている根源的な恐怖を呼び覚ますような、異常なグラフィックと音楽ばかりだ。でも、その不条理な世界には、何か人を惹き付ける魅力がある。登場するキャラクターはどれもこれもグロテスクな外見を持ったものばかりなのに、その内面に親しみすら感じるオレがいる。

窓付き(主人公の呼称)の持つ「エフェクト」(RPGでいうアイテム)は必ずしも狂気に満ちたものではなく、ただ単に癒しを与えるものであったり、笑いを誘ったりするものも多い。「ゆめにっき」の世界は確かに不気味ではあるけれども、必ずしも悪意を持ったものではない気がする。「ねこ」みたいにひたすら可愛いだけのエフェクトが存在しているのが、その何よりの証拠じゃないかな。

無理やり世界観を解釈してみる(ネタバレ

窓付きの些細な行動が可愛く感じられるようになればなるほど、あのエンディングに納得がいかなくなってくる。何故窓付きは自室のドアから出ることを嫌がり、終いには自ら永遠の夢の世界へ旅立つことを選んでしまったのか。夢の中の魑魅魍魎たちに勇気付けられて、家の外に出ることを決意する――そんなハッピーエンドがあっても良かったんじゃないか、と。

ニコニコのプレイ動画を見ているうちに、自分の中にこの物語に対するひとつの解釈が生まれた。それは、「ゆめにっき」の世界とは、外に出たがらない窓付きが自らの内面に作り出した、異世界に繋がる扉なんじゃないか、というもの。

窓付きが夢と言う窓を通じて異世界に接続したのは、外に出たいと言う願望を叶えるためであって、逆に言えば、「ゆめにっき」で夢の世界が存在する理由は、窓付きに外に出られるだけの活力を与えるためなんじゃないか。だとすれば、「ゆめにっき」のエンディングは、決して望まれた結末ではなかったはずだ。本来望まれていた結末は別にあったはずなんだ。

そんなことを考えるに至った理由は、単純に「ゆめにっき」のいくつかの場面に不思議な感傷を抱いてしまったから。

ひとつは、「階段」と呼ばれるマップで、おばけみたいなキャラクター(通称キュッキュ君)の前に窓付きが座る場面。もうひとつは、「デパート」と呼ばれるマップにある小部屋の奥で、窓付きが縦笛を吹く場面。どちらのシーンも、あんな不気味な世界の中にあって、形容しがたい感傷を呼び起こす。なんでだろう、どうみても異常な画面なのに、見ていて涙さえ出そうになる。

結び

「ゆめにっき」は、はっきり言って万人にお勧めできるゲームじゃない。怖いのが苦手な人とか、心臓が弱い人もまずプレイすべきじゃないだろう。でも、不条理系ゲームが好きな人とか、不思議な話が好きな人、あるいは、「ひぐらし」みたいにシナリオの意味を妄想するのが好きな人にとっては、これ以上魅力的なゲームはない気がする。もし興味があればとりあえず以下のプレイ動画をどぞー。