読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FLYING

〈全日本・紀文豆乳飲料シリーズ「麦芽コーヒー」の500ミリリットルパックを扱う小売店が少ないことに遺憾の意を表明する会〉活動記録

夏の終わり。夕焼けで終わり。

それは、空が最も綺麗な姿を見せる瞬間。朱く染まった大気の下で、遥か遠くの山並みが薄っすらと浮かび上がり、郊外に連なる鉄塔が長い長い影を伸ばす。いつだって夕焼けを見れば、何かの衝動が胸のうちに生まれる。何処かへ走り出したい焦燥。明日に見出すささやかな希望。

台風9号が首都圏を横断し、人々が大騒ぎしたその日の夕方。薄汚れた排気ガスも、行き場のない感情も、すべて強い風が何処かへ持ち去ってしまった。だから、残っているのは澄んだ空気だけ。ただオレンジ色に染まる、静かな街の風景だけ。








この時、夏休みが本当に終わったんだと思った。

台風で休校になった日に食べたランチメニュー。