FLYING

〈全日本・紀文豆乳飲料シリーズ「麦芽コーヒー」の500ミリリットルパックを扱う小売店が少ないことに遺憾の意を表明する会〉活動記録

中高生はなぜ電車の中でかばんを床に置くのか?

オレの場合は「カバンが重い」「手に持ったほうが人の邪魔になりそう」という理由でカバンを床に置いていた。これはあくあでも予想だけど、高校生は別に嫌がらせがしたくてカバンを床に置いているのではなく、それぞれがカバンの重さと周囲への迷惑を考えた上で、カバンを床に置くという選択をしているのだと思う。

でも、毎朝電車で通勤している社会人の方が「カバンを床に置くのはとても迷惑だ」とおっしゃるのならば、電車で通学する現役の高校生としては、これからはカバンを床には置かないように気をつけようと思う。

ただ反論したいのは、カバンが邪魔であるのならばその旨を普通の言葉で教えて欲しいということ。朝の混雑した通勤電車の中では余裕がないのも分かるけれど、「邪魔なんだよ!」と強く言われるとそれだけで嫌になってしまう。できることなら、普通の言葉で「カバンが邪魔なのでどけてください」と伝えて欲しい。そうすれば、学生と社会人の双方が気分を害することなく事態を解決できるはず。

無論、マナーの悪い高校生、ヘッドホンをしていて周りの声に気づかない高校生がいるのも事実で、そういう人に対して少々強引な手段をとるのは致し方ないと思うけれど。