FLYING

〈全日本・紀文豆乳飲料シリーズ「麦芽コーヒー」の500ミリリットルパックを扱う小売店が少ないことに遺憾の意を表明する会〉活動記録

逆ポーランドその2

負値に対応した逆ポーランド記法の式を計算するプログラム。例えば "60 -4 3 * /" とか入力すると -5 が返ってくる。

#include <stdio.h>
#define STACK_SIZE 100
#define MAX_LEN 100

int stack[STACK_SIZE];
int stack_size = 0;

// スタックから出す
int pop()
{
	if (stack_size <= 0) return 0;
	return stack[--stack_size];
}

// スタックに積む
int push(int a)
{
	stack[stack_size++] = a;
}

// 要素が数値かどうか判定
int is_digit(char *s)
{
	// 符号つき
	if (*s == '+' || *s =='-') {
		s++;
		if (*s >= '0' && *s <= '9') return 1;
		return 0;
	}
	// 符号なし
	if (*s >= '0' && *s <= '9') return 1;
	return 0;
}

// 文字列から数値を取り出す
int get_number(char *s)
{
	int sign = 0, n = 0;
	
	// 符号処理
	if (*s == '+') {
		s++;
	} else if (*s == '-') {
		sign = 1;
		s++;
	}
	// char to int
	while (*s >= '0' && *s <= '9') {
		n = n * 10 + (*s - '0');
		s++;
	}
	// 符号を変えて返す
	if (sign) return -n;
	return n;
}

// 逆ポーランド記法の文字列を計算
int calc_rpn(char *s)
{
	int a, b, n;
	
	// 終端まで繰り返す
	while (*s) {
		
		// 数値なら取り出してスタックに積む
		if (is_digit(s)) {
			n = get_number(s);
			push(n);
			while (*s == '-' || *s == '+') {
				s++;
			}
			while (n) {
				n /= 10;
				s++;
			}
			
		// オペランドなら2項を計算する
		} else {
			switch (*s) {
			case '+':
				a = pop();
				b = pop();
				push(b+a);
				break;
			case '-':
				a = pop();
				b = pop();
				push(b-a);
				break;
			case '*':
				a = pop();
				b = pop();
				push(b*a);
				break;
			case '/':
				a = pop();
				b = pop();
				if (a == 0) break;
				push(b/a);
				break;
			case '%':
				a = pop();
				b = pop();
				if (a == 0) break;
				push(b%a);
			}
			s++;
		}
	}
	return pop();
}

int main()
{
	char s[MAX_LEN];
	printf("逆ポーランドで入力\n");
	scanf("%[^\n]*s", s);
	printf("%s = %d\n", s, calc_rpn(s));
}

そのまま貼るにはちょっと長いな。

まだ冗長なコードではあるけど、とりあえず負値を含めたint型の範囲内の整数に対応した。オペランドと数値の間、数値と数値の間は全部デリミタで区切って入力する仕様。デリミタは演算子と数字以外の文字ならどの記号でも問題なかったりする。

あと拡張するとしたら、実数への対応かな。あるいは、この前作った多倍長整数ライブラリを使って、でかい数値も扱えるようにしたら面白いかもしれない。作るのが大変そうだけど、中置記法から逆ポーランド記法に変換するプログラムも欲しいな。